Father's Child

Father's Child

Summary

  • Title: Father's Child
  • Composer: Andrew Summers
  • Written: December 3, 2011

Lyrics

過ぎ越しの祭りのとき、
 祭りのときだ
もう十二歳わね、うちの、
 うちのイエスは
まるで昨日のことのよう、
 ことのようだ

想像でもできないよ
神様のみわざを
都へ上っていこう

(過ぎ越し)
過ぎ越しの晩餐を
家族とともに過ごすこと
神様のみわざを
家族とともに思い出すこと

「わたしはエジプトから、
 わたしの子を呼び出した。」

「わたしはあなたがたをエジプトの
 苦役の下から連れ出し、
 労役から救い出す。」

「私は、自分の誓いを主に果たそう。
 御民すべてのいる所で」
 ああ、いるところで

「主の聖徒たちの死は主の目に尊い」
 ああ、主よ!
 ここにおります、
 あなたのしもべ、父よ!

(帰り道、過ぎ越し後)
うちのイエスは、イエスは、
 どこにいるの?
マリヤ、今更、何を考えているの?
あらやだ、ここまで来たのに、
 都へ帰っていこう
うちのイエスは、どこにいるの?

ああ、わからない
うちのイエスではない
宮で教師たちの間に
座られることなんって
想像もできない
うちのイエスではないか
(本当だ)

心配していたことまでも、うちの子、
わからなかったの?
父上と私も、心配していた、
わからなかった?

(イエス)
(かならず、わたしが・・・)
わたしの父の
仕事にいることを
ご存じなかったの?

Translation

(direct translation)

It’s Passover time,
 the Passover time
Already twelve years old,
 Our Jesus
It seems just like
 yesterday...

It’s hard to imagine;
 God’s handiwork...!
Let’s go up to Jerusalem

(Passover)
Spending the Passover
 with family...
Remembering the works of the Lord,
 with family...

“OUT OF EGYPT
 I CALLED MY SON.”

“I am the LORD,
 and I will bring you out
 from under the yoke
 of the Egyptians.
 I will free you
 from being slaves to them...”

“I will fulfill my vows to the LORD
 in the presence of all his people.”

Ah, in their presence...

“Precious in the sight of the LORD
 is the death of his saints.”

O LORD,
Here I am;
Your servant, Father!

(Going home after Passover)
Where is our Jesus?
Mary, what were you thinking?

I don’t know...
And we’d come this far already...
Let’s go back to Jerusalem

(Back in Jerusalem)
No, no, it can’t be our Jesus...
 in the temple among the teachers!
I can’t even imagine him
 sitting there!
No, it can’t be our Jesus...
(but it is...)

Do you even know how much we’ve
 been worried about you, Jesus?

Didn’t you know how worried
 your father and I were?

(Jesus)
Did you not know
 that I must be
 in my Father’s work?

Media

MP3 Father's Child

Notes

  • Based on Luke 2:41-52.
This page was last modified on 30 January 2016, at 21:43.